DSC_0563_Rのコピー

『宇都野火薬庫』


1~4号庫があり、1~3は石造、4は煉瓦造である。

1号庫は雷管、2号庫は火薬、3号庫はダイナマイトの保管庫として明治45年に建設。
4号庫はその後の大正6年に建設された。
昭和9年には火薬を詰める作業場も建設された(現在は崩落し瓦礫のみ)

なお、ここで保管していた火薬を使用していた小滝坑の廃坑とともに
昭和29年に役目を終え、現在は国指定史跡になっている。





 DSC_0573_R




DSC_0572_R





DSC_0565_R




DSC_0567_R





DSC_0566_R





DSC_0571_R






DSC_0569_R





DSC_0568_R

煉瓦造り。これが4号庫であろう。





DSC_0562_R






DSC_0560_R




DSC_0559_R

お隣だから3号庫?





DSC_0551_R




DSC_0540_R





DSC_0545_R




DSC_0547_Rのコピー




DSC_0536_R




DSC_0550_R




DSC_0543_R

2号庫?





DSC_0552_R



DSC_0553_Rのコピー




DSC_0557_Rのコピー




DSC_0558_R

この小さいのが1号庫か。

どことなく古代遺跡の雰囲気がある。




以上



廃墟探索 『宇都野火薬庫』 足尾銅山を支えた史跡