――――産業遺産――――

検見川送信所



DSC_0391_R





 
DSC_0385_R






DSC_0386_R






DSC_0388_R





DSC_0397_R






DSC_0392_R






DSC_0393_R






DSC_0394_R






DSC_0395_R






DSC_0399_R







DSC_0398_R






DSC_0402_R











DSC_0401_R






DSC_0400_R


有名物件



以上




磐戸鉱山




DSC_0004_R





DSC_0005_R





DSC_0006_R





DSC_0007_R





DSC_0009_R






DSC_0012_R




DSC_0016_R



先に進む道はバリケードで閉ざされていた。
見たかった景色があったのに…。






以上





Twitter https://twitter.com/44nue





本山精錬所と廃線区間 ②


 
DSC_0480_R




DSC_0484_Rのコピー





DSC_0486_R





DSC_0485_Rのコピー





DSC_0494_R





DSC_0488_Rのコピー





DSC_0489_Rのコピー





DSC_0490_Rのコピー

当時の雰囲気のまま






DSC_0497_R




DSC_0499_R





DSC_0491_Rのコピー





edrPUaWcのコピー





DSC_0512_R

高かった。




以上





Twitter https://twitter.com/44nue





本山精錬所と廃線区間 ①



DSC_0479_Rのコピー





DSC_0477_Rのコピー



わたらせ溪谷鐵道の廃線区間





 DSC_0472_R





DSC_0475_R







DSC_0476_Rのコピー






DSC_0509_R

綺麗だ。手入れされているみたい。





DSC_0478_R






DSC_0505_R






DSC_0503_Rのコピー

振り返る






DSC_0510_R

途中完全に土砂崩れで塞がれていた。







DSC_0481_Rのコピー



つづく





Twitter https://twitter.com/44nue





宇都野火薬庫



DSC_0563_Rのコピー

『宇都野火薬庫』


1~4号庫があり、1~3は石造、4は煉瓦造である。

1号庫は雷管、2号庫は火薬、3号庫はダイナマイトの保管庫として明治45年に建設。
4号庫はその後の大正6年に建設された。
昭和9年には火薬を詰める作業場も建設された(現在は崩落し瓦礫のみ)

なお、ここで保管していた火薬を使用していた小滝坑の廃坑とともに
昭和29年に役目を終え、現在は国指定史跡になっている。





 DSC_0573_R




DSC_0572_R





DSC_0565_R




DSC_0567_R





DSC_0566_R





DSC_0571_R






DSC_0569_R





DSC_0568_R

煉瓦造り。これが4号庫であろう。





DSC_0562_R






DSC_0560_R




DSC_0559_R

お隣だから3号庫?





DSC_0551_R




DSC_0540_R





DSC_0545_R




DSC_0547_Rのコピー




DSC_0536_R




DSC_0550_R




DSC_0543_R

2号庫?





DSC_0552_R



DSC_0553_Rのコピー




DSC_0557_Rのコピー




DSC_0558_R

この小さいのが1号庫か。

どことなく古代遺跡の雰囲気がある。




以上



廃墟探索 『宇都野火薬庫』 足尾銅山を支えた史跡






  

動画と写真を撮影しています。
動画はYouTubeにて公開中。
記事の更新情報はブログ村から。

Twitter
Twitter始めました。
Youtubeへ
ほか動画はコチラから にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
ブログ更新情報はコチラから
廃墟一覧