足尾銅山まとめ

宇都野火薬庫



DSC_0563_Rのコピー

『宇都野火薬庫』


1~4号庫があり、1~3は石造、4は煉瓦造である。

1号庫は雷管、2号庫は火薬、3号庫はダイナマイトの保管庫として明治45年に建設。
4号庫はその後の大正6年に建設された。
昭和9年には火薬を詰める作業場も建設された(現在は崩落し瓦礫のみ)

なお、ここで保管していた火薬を使用していた小滝坑の廃坑とともに
昭和29年に役目を終え、現在は国指定史跡になっている。





 DSC_0573_R




DSC_0572_R





DSC_0565_R




DSC_0567_R





DSC_0566_R





DSC_0571_R






DSC_0569_R





DSC_0568_R

煉瓦造り。これが4号庫であろう。





DSC_0562_R






DSC_0560_R




DSC_0559_R

お隣だから3号庫?





DSC_0551_R




DSC_0540_R





DSC_0545_R




DSC_0547_Rのコピー




DSC_0536_R




DSC_0550_R




DSC_0543_R

2号庫?





DSC_0552_R



DSC_0553_Rのコピー




DSC_0557_Rのコピー




DSC_0558_R

この小さいのが1号庫か。

どことなく古代遺跡の雰囲気がある。




以上



廃墟探索 『宇都野火薬庫』 足尾銅山を支えた史跡






細尾第一発電所



DSC_0517_R

『細尾第一発電所』

1893年 細尾第一発電所建設申請
1905年 起工
1906年 竣工
1906年 所送電開始
1906年 大洪水により取水口埋没、通水停止、
     電信線寸断、通水不能・停電、足尾坑内ポンプ停止水没
1908年 細尾第二発電所起工
1910年 細尾第二発電所竣工
1935年 細尾第一発電所第二へ移設の為に廃止



途中途中省略しましたがいろいろな経緯がある発電所。
実は日本で3番目に古い発電所である。




DSC_0513_R




DSC_0521_R




DSC_0528_Rのコピー




DSC_0527_R




DSC_0526_Rのコピー


前はフェンスはなく中にも入れたらしい。
その後、手前に柵?ロープ?ができ近づくことも不可能に。

ただ、私が訪れたこの時は工事中ということで
それらもなく、問題なく近づくことができた。





DSC_0520_R




DSC_0518_Rのコピー




DSC_0524_R




DSC_0523_R




DSC_0522_R




DSC_0515_Rのコピー




DSC_0514_R




DSC_0530_R


足尾鉱山関係は他にも記事をあげているので
よろしければこちらからどうぞ↓
足尾銅山まとめ



以上。





本山鉱山神社(再訪)


新年も明けたということで、昨年に続き足尾の本山鉱山神社に初詣へ。



昨年紹介しているので今回紹介は省きます。
↓昨年の記事↓







DSC_0467_R




DSC_0465_R





DSC_0468_R





DSC_0462_Rのコピー





DSC_0457_Rのコピー




DSC_0452_Rのコピー





DSC_0454_R

前回何やら不思議な空間と書いていた場所は
グランドの跡地。

当時のグランドをならすローラーが残っています。





DSC_0449_Rのコピー





DSC_0447_Rのコピー




DSC_0442_Rのコピー





DSC_0443_Rのコピー





DSC_0441_Rのコピー






DSC_0440_Rのコピー




DSC_0439_Rのコピー


昨年のお礼と今年の安全をお願いし、今回はお賽銭とお供え物もできた。


また1年後に訪問しよう。



動画:廃墟探索 『本山鉱山神社』 近代日本の文明開化を見守った山神社







足尾銅山編⑧「本山鉱山神社」


行く人が殆どの確立で迷子になる場所。

軽く行き方を添えておきます。



DSC_0245_R




DSC_0248_R




DSC_0246_R


先の長い道を行き始めると右手には浴場跡とみられるものがある。






DSC_0250_R



DSC_0251_R




DSC_0253_R

浴場跡を右手に通り過ぎ少し行くと鳥居に出会えます。





DSC_0256_R

鳥居をくぐると右手に崩壊した建物が出てきます。


ここで分岐ポイントです。
参道はそのまま上に続いているように見えますが、
実はこの崩壊した建物の裏を通るのが正解。

大抵の人はここをスルーして直上…道を見失います。
私もそうでした…。



DSC_0289_R
裏を通ると水路の跡があります。
ここをなんとか渡りましょう。意外と高さあるので気をつけてください。
上の写真をよく見ると昔は橋が掛かっていたみたいですね。




渡ると階段が見えるかと思いますのでそのまま上って行きます。
そうすると…

DSC_0287_R




DSC_0286_R



DSC_0285_R




DSC_0281_R




DSC_0280_R


なにやら不思議な空間




DSC_0278_R





そしてさらに進んでいくと…

DSC_0276_R


見えました。本山鉱山神社です。




DSC_0260_R




DSC_0261_R




DSC_0266_R




DSC_0263_R





DSC_0270_R




DSC_0271_R




DSC_0274_R



誰もいない山奥。神秘的な場所です。



足尾銅山編⑦「足尾の廃踏切」


線路のない踏切。もう鳴ることのない踏切。


DSC_0208_R



DSC_0207_R




DSC_0209_R




DSC_0202_R




DSC_0204_R




DSC_0203_R




DSC_0205_R

わたらせ溪谷鐵道廃線区間




DSC_0212_R
謎の遺構



  

動画と写真を撮影しています。
動画はYouTubeにて公開中。
記事の更新情報はブログ村から。

ギャラリー
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
  • A産婦人科 ④
Youtubeへ
ほか動画はコチラから にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
ブログ更新情報はコチラから
廃墟一覧
Twitter
Twitter始めました。